ビルメン(設備管理)で重要になるスキル(能力)について

スポンサーリンク

ビルメンの仕事で重要な二点

ビルメンといえば、仕事内容を知らない人は、モニターで何かを監視する仕事とか・・・

または、汚い作業服を着て地下室で何かをする仕事など、そんな感じの仕事をイメージするかもしれません。

そして、ビルメンの仕事のメインはそこではなく、ビルメンの仕事で重要といえば・・・

設備が故障したときの一次対応であったり、客などからのクレーム対応、その二点が特に重要になると思います。

さらに重要なコミュニケーションスキル

そして、上記の二点以上に重要になるのが「コミュニケーションスキル」になります。

その理由は、設備が故障したときなど、いかにオーナーや業者などと、上手くコミュニケションを取り対応するか。

テナントや客からクレームが来たとき、クレーム者と上手くコミュニケーションを取り、どうクレームを回避するか。

それがビルメンでは重要で、その対応が上手くできるかに、ビルメンの仕事の多くが掛かっていると思います。

勘違いしがちなビルメン像

ビルメンは「技術職」と勘違いしている人をたまに見ます。

確かに、ビルメンでも業者などを使わず、設備を直したリできる技術力があれば、いうことないと思います。

しかし、ビルメンは基本的に「サービス業」になります。

そこで、技術的なことよりも、まずはコミュニケーションをいかに上手く取れるかで、その人の技量が判断されます。

そして、技術力や資格が多くあっても、コミュニケーションスキルがなければ、仕事がやりにくくなるこもあります。

これからビルメンを目指す人へ

そこを勘違いして、コミュニケーションスキルが低い人が、ビルメンになると・・・

コミュニケーションが上手く取れないと悩んでしまったり、そのことでビルメンを辞めてしまう人もいます。

そこで、これからビルメンを目指す人は、ビルメンの仕事をするには・・・

技術力や資格も大切ですが、コミュニケーションスキルが重要だということを、事前にわかっていた方が良いと思います。

また、コミュニケーションスキルは、ビルメンのことだけでなく、どの仕事に就くにも必要になると思います。

最後に

また、ビルメンは工場の流れ作業のように・・・

ただ黙って黙々と、点検や監視などをしていれば、それでいい仕事ではありません。

それは、上司や同僚、オーナーやテナントや客など、多くの人とコミュニケーションを取る仕事になるからです。

とにかく、技術職と見られがちですが、コミュニケーションスキルが重要になる仕事、それがビルメンということです。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)