ビルメン(設備管理)未経験が最短でビルメンに採用される方法

スポンサーリンク

未経験で最短でビルメンに採用されるには?

ビルメンの仕事をしたことがない未経験が、最短でビルメンに採用されるには、どうしたら良いのかという話しが、以下の方法になります。

それにはまず、次の2点が必要になると思います。

まずは、例えば営業の経験がある人は、仕事柄コミュニケーション能力が高いです。書類の作成できます。Excelが使えます。

お客様との折衝能力がありますなど、ビルメンの業務に関係のありそうな経験を多く並べ、経歴書に書いたり面接で答える必要があると思います。

ビルメン関連の資格を取ること!

次に、ビルメンはどれだけの資格を持っているかを問われることが多いです。

それは、ビルメン未経験ならなおさらで、面接などでは、資格のありなしを多く問われることになると思います。

ですので、未経験でビルメンになりたいと考えるなら、とにかく資格を取りまくる必要があると思います。

そして、どの資格を取ればいいかというと、まずは簡単な、危険物、消防設備、冷凍機械などの資格を取るのが良いと思います。

また余裕があれば、防災センター、上級救命、有機溶剤、酸欠など、講習だけで簡単に取れるビルメンに関連ある資格を取ると、面接などで有利になると思います。

面接で答える内容など

そして面接では、ビルメンの経験はありませんが・・・

例えば、営業をやっていた関係で、コミュニュケーション力が高く、テナントや業者などと上手くコミュニケーションを取る自信があります。

また、点検表などを作るときは、Execlなども使えますので、書類を作成する能力もあり、資格についても、危険物、ボイラー、消防設備などの資格を取りました。

そしてこれからは、冷凍機械や電気工事士などの資格も取得し、今後の仕事に役立たせたいと考えています。

などと答えれば、未経験でも採用される可能性は高くなると思います。

とにかく面接を受けまくること!

上記のようなことを面接でいえれば、大手などは無理でも、中小なら未経験でも潜り込める可能性があると思います。

ただし、年齢や今までの転職回数や職歴などが考慮されますので、未経験でも採用される可能性があるだけで、結果は面接した担当者次第になると思います。

あとは、ビルメンになりたいとの熱意をどれだけ多く語れるかだと思います。

とにかく、今までの職歴を絡めた面接の方法と、資格を多く取得すれば採用の道は近くなると思いますので、後は本人の努力次第になると思います。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)