ビルメン(設備管理)の仕事に期待や幻想を抱く人たち

ビルメンは楽な仕事!?

私の記憶が正しければ、10年ぐらい前から・・・

ネットで、ビルメンや設備管理のブログや掲示板などが、急に多くなったと思います。

今では、それだけビルメンが、注目されていると思います。

そして、ビルメンが注目されている理由は、ビルメンは楽な仕事などと考える人が、多いからだと思います。

ひと昔前は高齢者の受け皿的な仕事

ひと昔前までビルメンは、誰にも見向きされない仕事だったと思います。

誰にもというと語弊というか、少し大げさかもしれませんが・・・

それだけビルメンをやりたいと思う人は少なく、人気がない仕事だったということです。

その理由は、リストラされた定年前の高齢者、もしくは、定年退職した人などの受け皿的な仕事だったからです。

さらに給与が安いことで、やりたい人が少なかったということです。

ビルメンはマ~タリ!?

そんなビルメンが、なぜ注目を集めているのか?

それは、この一言に尽きると思います。その言葉とは「マ~タリ」ということです。

この言葉に、今のビルメンの人気が、全て集約されてると思います。

大変とか忙しい仕事を好まなくなった、現在の社会人たちが考えていること・・・

それは、楽な仕事でマ~タリして、生活費プラス少しの貯金ができればそれでよい。それがビルメンということです。

ビルメンは決して楽ではない

そして、ネットの掲示板などでは、ビルメンを「楽な仕事」とか「マ~タリ」と、強調している人をよく見かけます。

しかし、私の経験上ビルメンで、楽とかマ~タリの現場はありませんでした。

ただし、中にはそういった楽な現場で、ただ座っているだけで仕事の大半が終わる。そんな楽な現場があると思います。

しかし、そんな現場は少ない、極一部の現場だけだと思います。

そして、現在の求人では楽な現場はない。と考えるのが無難だと思います。

私からのアドバイス

そこで、元ビルメンの私からアドバイスできることは・・・

ビルメンは楽な仕事だと思い入社すると、楽ではないとわかったときに、後悔することになると思います。

そこで、ビルメンの仕事は、普通の仕事と何ら変わりないと思うことです。

そして、仮に楽な現場に配属されたら、ラッキーとか運が良かったと思うことが、ビルメンになる心構えだと思います。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)