ビルメン(設備管理)の勤務形態について②

スポンサーリンク

ビルメンの当直勤務について

ビルメン(設備管理)の勤務形態について、多くの場合「当直」があると思います。

そして、当直勤務の場合、基本的に「24時間勤務」になります。

それは、当直勤務の場合、配属されたビルに、24時間拘束されるということです。

そして、仕事の時間は元より、休憩時間、食事時間、仮眠時間なども、基本的に仕事の時間になります。

それは、ビルの設備に故障など何かあった場合、その時間を即止めて、対応しなければならないということです。

24時間プレッシャーを受ける仕事

当直勤務の場合、24時間プレッシャーを受ける状態で、仕事をすることになります。

そこで、肉体的な疲れがあり、精神的な疲れも大きいと思います、

また、配属された現場にもよりますが・・・

例えば、仮眠時間が6時間取れるところもあれば、少ない現場だと2~3時間しか取れない。という現場もあります。

そこで、ビルメンになりたいと思うなら、そういったことを考慮する必要があります。

仮眠時間について

そして、仮眠時間が2~3時間しか取れない。そのような現場よりも・・・

当然のこととして、仮眠時間が6時間取れる現場の方が、精神的にも体力的にも、楽になると思います。

また、仮眠時間が短い現場は、短期的に働くのなら我慢もできると思います。

しかし、長期的に働きたいと考えるなら、少しでも仮眠時間は、長い方が良いと思います

とにかく、勤務する現場により、勤務形態が変わるということです。

給与よりも大切なこと

休憩時間や仮眠時間など、多く取れる現場もあれば、少ない現場もあります。

それは、現場のことだけでなく、会社の方針として、多い会社もあれば短い会社もあります。

そこで、もしビルメンになりたいと考えるなら・・・

仕事をするのは、生活費を稼ぐためですので、給与のことが一番気になると思います。

しかし、給与のことも大切ですが、勤務形態、休憩時間、仮眠時間などを考慮することも、大切だと思います。

仕事を長く続けることを考える

むしろ、給与をある程度、度外視したとしても、仕事の環境が整っていた方が、仕事は続くと思います。

そして、仕事を続けられれば、仕事を覚えることも、経験を積むこともできます。

そのことで、多く昇給したり昇進したり、そういったこともあると思います。

また、経験を多く積むことができれば、仮に同じ業界に転職したいと考えたときに、有利になると思います。

転職・キャリア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました