ビルメン(設備管理)で最も重要な電気工事士の資格について

スポンサーリンク

ビルメンは資格を取るのも仕事

ビルメンとしてやって行こうと思うなら、資格を取ることは、ビルメンとして避けては通れない道になると思います。

それは、資格を取ることで、設備などに関する知識付けも大切ですが、知識を付ける以上に会社が資格を求めているからです。

それをぶっちゃけると、知識としての資格は必要ないんです。

言い過ぎかもしれませんが、あくまでも単なる資格として、会社が必要としているだけです。

オーナーは資格持ちを求めている。

それを言い換えると、ビルのオーナーなどは、基本的に資格を持つ人を求めています。

そこで、会社としては資格を持つ人をとにかく集めて、会社としての存在価値と言うか・・・

資格を持っている人がたくさんいますよ!とアピールすることで、少しでも多くのより良い仕事を得たいと言うことです。

そう言った関係があるので、資格を持つ人を会社が必要としていると言うことです。

ビルなどで最も重要な電気設備

そして、ビルメンの資格において、何が一番重要(必要)とされるか、それはまぎれもなく「電気関係」の資格だと思います。

それは、ビルなどの設備て電気が止まることで、多大な不利益(被害)を被るからです。

そこで、ビルなどの管理で一番重要とされる電気ですが、管理させるオーナーとしては、電気の知識を持った人に管理させたい。

それならば会社としては、電気関係の資格を持つ人がいますとアピールできれば、仕事を得られる確率が高くなるわけです。

ビルメンの資格で重要な電気工事士

ですので、会社は電気関係の資格を持つ人を、特に求めていると言うことです。

そして、電気関係の資格で一番有名と言うかポピュラーな資格、それが「電気工事士」と言うことになります。

また、電気工事士の資格を持っていることで、仕事の幅が広がりますし、会社からの評価も上がります。

そのぐらいビルメンにとって、電気工事士の資格は重要だと言うことです。

とにかく電気工事士の資格を取ること!

電気工事士の試験は、学科と実技の二種類の試験がありますが、特に難しいことはなく、少し努力すれば取れる資格です。

※ 上記は第二種電気工事士の話しで、第一種電気工事士の場合は、難易度が上がります。

そして、ビルメンをするなら、是非とも欲しい資格の一つになります。

もし未経験でビルメンを目指そうと思うなら、電気工事士の資格があるだけで、入社可能な会社もありますので、有利になると思います。

また、ビルメンで働いていて、まだ電気工事士の資格を持ってないと言う人は、今後のために取得することをお勧めします。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)