営業で病んでビルメン(設備管理)に転職した結果www

スポンサーリンク

営業からビルメンに転職で勝ち組

あるサイトを読んでいたところ「営業で病んでビルメンに転職した結果www」というタイトルの記事を読みました。

その内容が以下になります。

・年収400万→250万

・年休120日→100日

・残業50時間→0~20時間

・ストレスで自○を考えた→仕事楽すぎ暇すぎ

正直勝ち組だと思ってます。

良かったとは思いますが…

上記の内容を読んで思ったのは、自〇したいぐらい仕事で悩んでいたのなら・・・

楽なビルメンに転職できたことは、確かに良かったと思います。

しかし、年収は半分近く下がり、年間休暇も20日も減っています。

また、当直勤務もしているとのことで、転職したことは一長一短があると思います。

現場を失うリスク

また、ビルメン会社の多くは下請けであることが多く、ずっと楽な現場で仕事ができるかは、不明だと思います。

例えば、人件費が安い他の会社に現場を取られてしまうとか・・・

また、定期的に入札がある現場は、入札に負けてしまえば、現場を失うことになります。

ビルメンでは、そういったリスクがある会社や現場もあります。

そこで、今の現場が楽だからといって、ずっと安泰が続くとは限らないと思います。

楽な現場に行ける確率は低い

また、ビルメンで楽な現場に配属されるのは、かなり難しいと思います。

それは、楽な現場は辞める人が少ないので、求人が出る可能性が低いからです。

そして、大抵の現場は給与は安いのに、安い給与に見合わない仕事をさせられるのが、ビルメンの実情だと思います。

それを簡単にいえば、給与は安いのに、仕事は楽とは掛け離れているということです。

そういったことでも、ビルメンはリスクがあると思います。

最後に

また、ビルメンはビルメン以外の仕事で、潰しが利かないのもリスクだと思います。

ですので、ビルメンになるのは、私の意見としては、避けた方が無難だと思います。

また、仮にビルメンになるのなら、楽な現場に行けたらラッキーぐらいに思っていた方が、良いと思います。

そこで、最近人気のビルメンですが、楽な仕事ができる可能性と引き換えに、多くのリスクがあると思います。

転職・キャリア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました