ビルメン(設備管理)の給与や年収について

スポンサーリンク

ビルメンは給与が安いのが定番

ビルメン(設備管理)といえば「給与が安い」とか「年収が低い」というのが、定番になると思います。

それは、ビルメン会社の多くが「下請け」(下請け企業)だからです。

多くのビルメン会社では、不動産屋、病院、役所、工場など、そういったところから、仕事を請けて成り立っています。

また、中には1次請けではなく、2次請けや3次請けで、仕事を請けている会社もあります。

その例が、以下になります。

ビルメン会社の仕事の構図

例えば、ビルメン会社の構図は「不動産屋(元請け)→1次請け→2次請け→3次請け」という形になります。

そして、仮に一番下の「3次請け」ともなると、元請けは元より、1次請けと2次請けで「中間マージン」を取られます。

そして、利益がほとんど出ないかもしくは、安く使える人材を集めて仕事を請けます。

そこで、必然的にビルメンの給与は安くなります。それが、下請け企業が多いビルメンの実態になります。

ですので、もし高い給与を望むなら元請けか、もしくは1次請けがメインの会社に入社するのが良いと思います。

系別の年収例

・中小独立系・・・年収250万前後
・大手独立系・・・年収300万前後
・中小系列系・・・年収350万前後
・大手系列系・・・年収400万前後

独立系とは、どの系列(親会社)にも属さない会社になります。

系列系とは、大手不動産の系列とか、JRなど鉄道の系列とか、そういった会社になります。

そして、基本的に独立系より、系列系の方が給与が高いのが一般的です。

また、上記の年収はあくまでも目安で、住んでいる地域や会社の規模などにより変わります。

大手系列は給与は高いが仕事は大変

仮に大手系列系に入社すると、全て込みで年収は「350万~400万円」ぐらいからのスタートになると思います。

そして、ビルメンの年収としては高いですが、大手系列系の仕事は、かなり大変(ハード)だと思います。

そこで、ビルメンとしては、年収が高いといっても・・・

大変な仕事で、年収350万円とか年収400万円が、果たして割に合うかは、個人の考え方次第になると思います。

また、大手系列系は昇給や昇進などで、年収が上がりやすいメリットもあります。

給与は安いけど仕事が楽について

ビルメンといえば「給与は安いけど仕事が楽」と考えている人は多いと思います。

しかし、そういったビルメンは、最近では減っていると思います。

そして、給与は安いけど仕事はそう楽ではなく、むしろ給与は安いのに、仕事が大変というビルメンもあります。

そこで、ビルメンに下手に夢を持つことなく、スタート時の給与は安いですが・・・

将来的には、転職などして上を目指すというか、高い給与を目指すのが、今のビルメンのスタイルなのかなと思います。

転職・キャリア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました