ビルメン(設備管理)の資格手当の支給額について

スポンサーリンク

ビルメンの資格手当について

ビルメン(設備管理)会社の多くは、基本給とは別に「資格手当」を支給しています。

それは、ビルメン会社で仕事をする上で、資格はそれだけ重要だということです。

ただし、資格手当を支給しない会社もありますが、そういった会社は論外だと思います。

資格手当を出さない会社は、言葉悪いですが、その程度の会社ということで、論外だということです。

また、資格手当は一体いくらぐらいになるのか、以下に一例を挙げたいと思います。

以下の内容は、あくまでも私の経験例ですので、参考例ということでご了承ください。

資格手当一覧

危険物

・危険物乙種・・・500円~1,000円

・危険物甲種・・・1,000円~2,000円

ボイラー

・ボイラー2級・・・500円~1,000円

・ボイラー1級・・・1,000円~2,000円

消防設備士

・消防設備士乙種・・・500円~1,000円

・消防設備士甲種・・・1,000円~2,000円

衛生管理

・第二種衛生管理・・・500円~1,000円

・第一種衛生管理・・・1,000円~2,000円

冷凍機械

・第三種冷凍機械・・・500円~1,000円

・第二種冷凍機械・・・1,000円~2,000円

・第一種冷凍機械・・・2,000円~3,000円

電気工事士

・第二種電気工事士・・・1,000円~2,000円

・第一種電気工事士・・・3,000円~5,000円

ビル管

・ビル管・・・3,000円~5,000円

電験

・電験三種・・・5,000円~10,000円

エネ管

・エネ管・・・5,000円~10,000円

資格手当の詳細

資格手当は、一つの種類に一つの資格手当が支給されます。

例えば、危険物乙種と甲種を持っていても、二種類分支給されるのではなく、甲種の分のみ支給されます。

また、危険物の第1類と第4類の資格を持っていても、片方の資格にのみ支払われます。

とにかく、資格手当については、会社により規定(支給額)が違います。

そこで、正確な支給額を知りたい場合には、会社に直接聞くしか方法はありません。

最後に

私の場合は、上記のような感じで、会社から資格手当が支給されていました。

ちなみに、私の場合は月1万以上の資格手当が、基本給とは別に支給されていました。

そもそもビルメンは給与が安いので、資格手当で安い給与を補填するのが、一般的になると思います。

そこで、資格を取ることで、給与を上げることが可能になります。

また、資格を取ることで知識付けもできますので、ビルメンで資格を取ることは、一石二鳥になると思います。

転職・キャリア人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました