ビルメン(設備管理)当直業務内容

スポンサーリンク

ビルメン当直業務内容

当直勤務の場合、まず朝9時前に出勤して、9時の朝礼から仕事が開始となります。朝礼後は、その日の「日勤業務」に就くことになります。

その日勤業務の内容については・・・

URL:ビルメン(設備管理)日勤業務内容(点検編)

URL:ビルメン(設備管理)日勤業務内容(監視編)

日勤業務については、上記のどちらかの業務に就くことになります。そして、日勤業務終了後は、引き続き「当直業務」をすることになります。

日勤終了後の当直業務内容

17:30~17:55 日勤からの引継ぎ
17:55~18:00 夕礼
18:00~19:45 監視室で監視業務
19:45~20:45 夕食
20:45~22:30 監視室で監視業務
22:30~22:45 休憩
22:45~23:30 巡視点検
23:30~24:00 設備停止操作
24:00~06:00 仮眠
06:00~06:30 機器起動操作
06:30~07:15 巡視点検
07:15~07:45 朝食
07:45~09:00 当直日誌の作成など
09:00~09:10 朝礼
09:10~09:30 当直へ引継ぎ
09:30~00:00 帰宅

※ 上記は一例になりますので、現場により業務内容が変わります。

最後に

当直業務で、点検や休憩などで監視室を空ける場合は、2人当直(当直メンバーが2人以上)の場合は、他の当直者と交代します。

また、1人で当直の場合は、警備員などに連絡して監視室を空け、休憩や作業などをしていました。このことについても、現場により内容が変わると思います。

当直業務については、警報などが鳴らないければ、監視がメインの業務になると思いますので、それほど大変だということはないと思います。

ただし、警報が鳴った場合などは、1人で対応しなければならないことも多く、迅速な対応と詳しい設備に関する知識が必要になる場合もあります。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク