ビルメン(設備管理)の仕事内容について

スポンサーリンク

ビルメンの仕事内容について

ビルメンの仕事は、基本的に「3つ」になります。以下に、その基本的なビルメンの3つの仕事について書きたいと思います。

また、基本的なビルメンの3つの仕事以外にも、ビルメンの仕事は多岐に渡りますので、その点についても以下に書きたいと思います。

1、監視業務

・監視室などで、電気や空調などの設備の運転状況を監視を行います。

各設備を監視室などで監視することで、いち早く故障などを発見し、オーナーや業者などに連絡します。

また、監視以外の他のビルメンに連絡して、故障などが起きた設備(現場)に直ちに直行させます。ビルメンで対応できる故障などの場合は、すぐに対応して故障などを直します。

2、点検業務

・ビル内を巡回して、電気や空調などの各設備の点検を行います。

ビル内を巡回して、各設備に故障や破損などがないかを点検します。そこで、設備に故障などがあれば、上司やオーナーに連絡し、対応方法などを相談します。

また、業者への連絡や業者の修理日程の調整、場合によっては、修理費などの交渉もビルメンが行います。

3、クレーム処理

・テナントなどから連絡があったクレーム処理に対応します。

クレーム処理とは、例えばテナントから、蛍光灯が切れているので交換して欲しい。トイレが詰まっているので詰まりを直して欲しい。

また、ブレーカーが落ちたので原因を調べて欲しい。室内の温度が高いので下げて欲しいなどのことになります。

テナントなどからの要望などを聞き、迅速に対応するのがクレーム処理になります。

4、その他

ビルメンの仕事は、基本的に上記の3つになりますが、あくまでも基本であって、他にも仕事は多岐に渡ります。以下、その他の一例を紹介したいと思います。

緊急対応(水漏れなどの緊急時の一次対応及び業者連絡)、打ち合わせ(定期メンテナンスや工事などの打ち合わせ)、立会い(業者などが工事などをする場合の立会い)

日程調整(業者などが工事する場合の日程調整)、停電作業(年1で行う全館停電作業)、事務仕事(点検表や報告書などの作成など)

ビルメンのその他の仕事ということで、上記に一例を書いてみましたが、それ以外にもビルメンの仕事は多岐に渡ります。

最後に

ビルメンの仕事は、基本的に上記に書いた3つですが、その他の仕事もあるということで、そのことを頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

また、会社や現場によっては、ビルメンの業務だけでなく「清掃業務」や「警備業務」などを兼務してやる現場もあります。

そういったことなどを加味すると、ビルメンの仕事は、想像以上にいろいろやることが多い仕事だと思います。

それは、世間でいわれるほどビルメンの仕事は楽ではなく、そこそこ大変な仕事になるということで、仕事には楽な仕事などないということだと思います。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク