大手といわれるビルメン(設備管理)について考える。②

スポンサーリンク

二通りのビルメン

ビルメンになった人には「二通り」の人がいると思います。

それは、楽がしたくてビルメンになった人、上を目指したくてビルメンになった人、その二通りの人がいるということです。

そして、大手に入り最終的なビルマネなどの道を選ぶ人は、後者の上を目指したい人だと思います。

ですので、前者の楽がしたくてビルメンになった人は、仕事が大変になるだけですので、大手には入社しない方が私は良いと思います。

ビルメンでも大手は楽ではない!

なぜ、楽がしたくてビルメンになった人は、大手に入社しない方が良いのかというと、それには理由があります。

それは、上記にも書きましたが、まず大手に入社すると大抵の場合は、仕事が大変になりますので、楽とは無縁の世界になると思います。

そこで、楽がしたくてビルメンになったのに、楽ではない仕事に不満を持ってしまい、結局大手を辞めてしまったという人を私は何人も見ています。

また、私自身も大変な仕事に根を上げてしまい、精神的に参ってしまい、最終的に大手を辞めるという判断をしました。

楽がしたい人はあえて大手を目指さない!

楽がしたくてビルメンになった人は、決して上を目指ざしてはいけないということです。

それなりに、楽な現場で仕事ができれば、それ以外の多くを望まない。それは、仕事の人間関係が多少嫌でも、給与が安くても、仕事が楽なら文句をいわない。

それが、楽がしたくてビルメンになった人の条件だと思います。

一方、上を目指したくてビルメンになった人は、独立系などの会社で、ビルメンとしての経験を積んで・・・

そして、経験を積みながら資格を取り、大手に転職してビルメンからビルマネになってという感じで、どんどん上を目指し活躍すれば良いと思います。

最後に

私のように、楽がしたくてビルメンになった人は、自分の能力もかえりみず、下手に大手などに転職すれば、身の丈に合わず失敗するのがオチだと思います。

そして、ビルメンを目指した多くの人は、新卒入社でもない限り、私と同じように楽がしたかったからだと思います。

ですので、もし大手に転職(入社)したいと思うなら、大手はかなり厳しいということを自覚して、それなりの覚悟が必要になると思います。

とにかく、大手でやって行いけるという「確固たる自信」がある人以外は、大手に転職することを私はあまりお勧めしません。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク