ビルメン(設備管理)は未経験でも資格さえ取れば採用される!?

スポンサーリンク

経験重視のビルメン

資格さえ取れば、未経験でも簡単にビルメンに採用されるとの風説が流れているビルメンですが、でも少し考えてみて下さい。

どの仕事でも業種でも「新卒」でもない限り、確実に「経験重視」です。

そこで、未経験者がいくら資格を取ったとしても、経験者と同じ土俵に立てば、経験者が採用されるのが普通(通常)で、会社も経験者を求めている場合がほとんどです。

それは、同じような給与を払うなら、未経験者を採用するより経験者の方が即戦力になりますので、会社としてのメリットが大きいからです。

異業種の人が辿り着くビルメン

未経験でビルメンを目指そうと思う人の多くが、データがあるわけではないですが、20代後半から30代の方が多いのではないでしょうか?

それは、ビルメン以外の業種で働いていたにも関わらず、その業種でドロップアウトしてしまったという人が多いと思います。

そこで、次の業種については、ドロップアウトしないような業種を選ぼうと思い、そこで辿り着いたのがビルメンだったということになると思います。

そして、ビルメンに就職するには資格が必要なことを知り、必死に資格取得に励みます。

どの業種も30代後半以上は厳しい!?

しかし、30代といっても前半ならまだしも後半ともなると、資格を取っていざビルメンに就職しようと思っても、厳しい就職活動になると思います。

それは、未経験の場合は、資格があってもビルメンとしての経験がないため、ビルメンとして通用するかは未知数であり・・・

そこで、上記にも書いたように、どのビルメン会社でも経験者を採用したがるからです。

また、未経験でも20代や高くでも30代前半までなら、将来性や伸びしろを考慮して採用するということはあると思います。

資格さえ取れば採用されるはない!?

何がいいたいのかというと、資格さえ取れば誰でも簡単に採用されると思われがちなビルメンですが、ビルメンといえどもそれほど甘くはないということです。

そこで、30代後半以上で採用されるビルメンとなると、正社員ではなくバイトや契約社員、給与が極端に安い、通勤が不便な場所にある現場など・・・

そのような欠点といっては変ですが、仮に採用されたとしても、どうしようかと考え込んでしまうような現場が多いと思います。

それは、上記にも書いたように、どの業種にもいえることだと思いますが、未経験の資格だけの人よりも、経験者を重視するし会社として求めているからです。

最近の人手不足はチャンス!

とはいうものの、最近はどの業種も人手不足になっていますので・・・

ビルメン業界も人手不足というのがあり、採用されやすい状況にあると思いますので、もしかしたらチャンスなのかもしれません。

しかし、ビルの少ない地方都市などの場合は、どんなに資格を取ったとしても求人数自体が少ないため、未経験がビルメンになるには激戦になると思います。

そこで、就職活動を有利に運びたいと思うなら、ビルが多い東京や大阪などの都会に出て就職活動するというのも1つの手かもしれません。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク