楽だけでビルメン(設備管理)を選ぶと厳し現実が待っている!?

スポンサーリンク

ビルメンでも厳しい現実が待っている!?

楽といわれるビルメンといえど、そこそこ厳しい現実が待っていると思います。

それは、ビルメンという仕事を世間的に考えると、大手や系列などのビルメン以外は、評価が良いとはいえない職業(職種)だと思いますし・・・

給与は安く昇給も少なく、当直(24時間勤務)などの変則勤務で体調を崩してしまったりなど、そのような現実が待っているからです。

それでも、ビルメンになりたい人が後を絶たない理由は「仕事が楽だから」「マッタリできそうだから」この一点に限ると思います。

しかし、現実はそう甘くはなく、ビルメンになれても人間関係や待遇などが合わず、転職を繰り返したり業界を去ってしまうなど、そのような人が多い業界がビルメンだからです。

未経験に厳しいビルメン業界

そこで、未経験の人にビルメンになるのを止めろとはいいませが・・・

ただし、ただでさえ給与の安いビルメンのところを、未経験というだけでさらに給与が安くなること我慢しなければなりません。

また、未経験というだけで面接前の書類審査で落とされたり、たとえ書類審査に通ったとしても面接で軽くあしらわれてしまい、その結果不採用などが普通にあります。

それは、どの業界にもいえることだと思いますが「経験者」を重視するからで、特にビルメンはその傾向が強い業界になると思います。

人の入れ替わりが激しいビルメン業界

ビルメン業界は、上記にも書きましたが人の入れ替わりが激しい業界です。

それは、大手や系列など以外は、どのビルメンも給与的に大差はなく、そこで、少しでも楽な現場、良い人間関係、給与が高い会社などに人が流れてしまうからです。

また、経験と資格さえあれば、比較的楽に転職が可能な業界というのもあって、現場の人の入れ替わりが激しいということです。

ということは、未経験がビルメンの面接を受ける場合、多くの場合で経験者と争わなかればならず、厳しい就職活動になるということです。

ビルメンをよく理解してからビルメンを目指そう!

そして、苦労してようやくビルメンになれたとしても、上記に書いた通り厳しい現実が待っています。

その点を十分に理解して納得して、それでもビルメンになりたいと思うなら、それはそれで良いと思います。

一番ダメだと思うのは、何とかなるだろう的な感じでビルメンになるも、最終的に嫌でビルメン辞めてしまうというのが、時間も人生も無駄にすることになると思います。

それって、実は私のことなんですけどね。

最後に

ここまでビルメンに対する悪口というか、ビルメンなんて選ばない方が良い!的なことを散々書いてきましたが・・・

しかし逆をいえば、ビルメンとして経験と資格さえあれば、大手以外の中小ビルメンならどこでもというと語弊がありますが、行き放題になるのがビルメンだと思います。

ですので、経験と資格さえあれば、ビルメン界隈の中でなら転職しやすいという点は、ビルメンのメリットになると思います。

それは、経験と資格さえあれば、ビルメンとして「潰しが効く」ということです。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク