ビルメン(設備管理)になるメリットは再就職に有利?

スポンサーリンク

ビルメンになるメリットは?

ビルメンになるメリットは、ビルメン業界の中は「経験者」として扱われ、比較的楽に再就職することができるというのがあると思います。

それは、未経験などに比べると、有利な条件で再就職することができるということです。

また、年齢的に高い年齢であっても経験者ということで、他業界に比べると再就職するには優遇される面が多いと思います。

ただし、再就職するには、年齢が若いに越したことはないと思いますので、いくら経験者だといっても年齢が高いというだけで、年齢的に不利になることはあると思います。

事務職を例にすると・・・

例えば、事務職を例に見た場合、仮に20代の未経験者と40代の経験者が面接に来た場合、どちらが採用されるかというと、20代の人が採用される確率が高いと思います

その理由は、仕事の内容などにもよると思いますが、若い方が人件費が安く、悪いクセがなく仕事をしてもらえるなどがあるからです。

一方、ビルメンの場合、仮に20代の未経験者と40代の経験者が面接に来た場合、どちらが採用されるかというと40代の経験者が採用される確率が高いと思います。

それは、ビルメンの場合、経験のあるなしが大きく仕事に響くことがあるからです。

経験があれば仕事がすくに決まる!?

上記にも書いたように、ビルメンの場合は、経験がものをいうことが多いということです。

そして、都心などは地方都市などに比べると、ビル自体が多いし、オフィスビルなどで高層物件や大型物件が多いですので、それに比例してビルメンの求人数も多くなります。

そこで、経験と資格があり多くの贅沢をいわなければ、比較的すぐに再就職することができると思います。

そういった意味で、求人さえあれば比較的すぐに再就職できるとというのも、ビルメンになる1つのメリットになると思います。

他のビルメンのメリット

それ以外のビルメンのメリットとしては、他業種と比べると現場によるところが大きいと思いますが、比較的仕事が楽だというのもあると思います。

また、年齢の高い人がビルメンには多いですので、その関係で年齢が高くても仕事が比較的やりやすいというものあると思います。

それは、将来的に自分が年齢を重ねてある程度の高い年齢になっても、ビルメンとして働きにくいということが少ないということです。

しかし、例えばプログラマーや肉体労働系の仕事などになると、年齢が高いというだけで敬遠されることも多くなると思います。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク