ビルメン(設備管理)とは一体どのような仕事なのか?

スポンサーリンク

ビルメンとは

ビルメン(設備管理)とは「ビルメンテナンス」の略になります。

ビルメンテナンスとは、ビルの電気、空調、衛生、建築など、ビルに関する付帯設備を管理することをいいます。

また、ビルメンとは、ビルメンテナンスの仕事をする人のことを差して、ビルメンと呼ぶこともあります。

そして、ビルメンというと、ビルメンテナンスのことではなく、ビルメンテナンスの仕事をする人のこと差していう場合が多いです。

ビルメンの仕事のほとんどは外注

ビルメンは、ビルなどの建築物の所有者(オーナー)が、建築物に関する設備を管理してもらうために存在します。

それは、ビルの設備である、電気、空調、衛生、建築など、そのような設備を自前(建築物の所有者)で管理しようとしても管理する知識やスキルがない。

そこで、建築物の所有者が、建築物の設備を管理してもらうために「外注」(関連会社を使うことも含む)を使います。

その外注業者が「ビルメン会社」で、ビルメン会社が、建築物の設備を管理するために送り込むのが、ビルメンということになります。

オフィスビルだけがビルメンの仕事ではない。

ビルメンといっても、必ずしも一般的にいわれるビル(オフィスビルなど)に配属されるというわけではありません。

一概に設備管理といってもビルだけでなく、商業施設、病院、公共施設、ホテル、工場など、そのような建築物にも様々設備が存在しています。

ですので、入社後にオフィスビルに配属されることもあれば、病院に配属されることもあるということで、配属先はさまざまな建築物になります。

また、配属先については、始めから指定されている場合もありますし、入社後に本人の適正などを見て配属先を決定するなど、入社する会社により異なります。

ビルメンの仕事は基本的に3つです。

ビルメンの仕事は基本的に「3つ」です。その3つとは「点検」「監視」「クレーム対応」それがビルメンの仕事になります。

点検とは、設備に不具合などがないかの設備に関する点検になります。

監視とは、設備をモニターなどで監視することで、設備の故障などをいち早く察知し、オーナーや設備業者などに連絡するなどが仕事になります。

クレーム対応とは、例えば、蛍光灯が切れている、トイレが詰まっている、室内が寒いなどのクレームといわれることに対応することです。

最後に

以上が、簡単ではありますが、ビルメンについてや仕事内容などの説明になります。

そして、ビルメンの仕事は、基本的に「楽」だとかいわれていますが、ビルメンの仕事は、仕事の内容云々よりも「配属先」で決まるともいわれています。

それは、仕事がやりやすいやりにくい、人間関係が良い悪い、配属先のビルが大きい小さいなど、配属される現場により仕事の状況がガラリと変るからです。

ですので、ビルメンの仕事は一概に楽だとはいず「ビルメン=楽」だと考えていると、後々後悔することもあると思います。

他の記事も合わせて読んでみるサイトマップ(記事一覧)

スポンサーリンク